インプラントで美しいTOOTHを~歯科医院で口内リフレッシュ~

dentists

注意しておくこと

気をつけなければならないこと

オーラルケアと食事には密接な関係があります。 特に子供の場合は食事内容や食事の仕方について気をつけなければならないことがあります。 まず、甘いものの与えすぎに気をつけて下さい。 子供は甘いものを好む傾向にあります。 ついつい与えすぎてしまうことがあるので注意が必要です。 甘いものを摂りすぎると歯が生えたり、永久歯に変わる際に虫歯になることがあります。 次に、哺乳瓶などの使用についてです。 哺乳瓶などで甘いものをだらだらと飲ませると虫歯になりやすいです。 哺乳瓶には甘いものを入れないほうが無難です。 また、食事の時間についても注意が必要です。 子供は食べている最中にうとうとしてしまうことがあると思います。 口の中に食べ物を長時間入れたままにすると虫歯になりやすいです。 子供のオーラルケアは親が十分に注意する必要があると思います。

オーラルケアの基本の歯磨きについて

オーラルケアの基本は子供も大人も歯磨きです。 歯科医やクリニックでのオーラルケアも大切ですが、それ以上に日々自分で行うオーラルケアが重要です。 しかし歯磨きを嫌がる子供はとても多いです。 ここでは子供が嫌がらずに歯磨きをするための方法を紹介します。 まず、お母さんが歯磨きをしているところを見せることです。 子供がお母さんから受ける影響はとても大きく、お母さんが楽しそうに歯磨きをすることで子供は歯磨きは楽しいものだと認識します。 次に、歯磨きの絵本やDVDを使うことです。 音楽にあわせて歯磨きしたり、絵や映像を見て歯磨きをします。 また、機嫌が悪い時などを避けることも大切です。 決して無理強いなどはせず、楽しませることを意識してください。