インプラントで美しいTOOTHを~歯科医院で口内リフレッシュ~

dentists

虫歯予防は継続する

虫歯予防には継続的なリスクマネジメントが必要

人間の身体の中でも、歯は内部の組織がそのまま露出しているという極めて珍しい構造をしています。そのため細菌などの外部からの有害な刺激に弱く、ちょっと油断すると虫歯や歯周病を発症するリスクがあります。 そのため、歯の健康を守るには一種の「リスクマネジメント」が必要になってきます。 かつては歯の健康に対する意識は「痛くなったら治療に行く」という程度のものでしたが、現在ではいかに歯の病気を予防するかという点に関心が向いてきています。そこで注目されるようになってきたのがオーラルケアです。 オーラルケアとは、日常的・継続的なお手入れによって口内環境を常に良好な状態に保つことをいいます。国民医療費抑制の必要性も叫ばれる昨今、病気をあらかじめ避けるためのケアの重要性は今後ますます高まっていくものと考えられています。

歯の健康維持に欠かせない2つのケア

オーラルケアで最も基本となるのは、言うまでもなく家庭で行うセルフケアです。毎日の歯磨きに始まり、歯間ブラシや口腔洗浄液などを使うことで、口の中を常に清潔な状態に保っておくことが大切です。 ただ注意が必要なのは、セルフケアだけでは限界があるということです。欠かさず歯磨きをしていても歯の裏側などにはどうしても磨き残しの部分ができてしまいます。その磨き残しの歯垢が口腔内のカルシウムなどと結合すると、歯石となります。いったんできた歯石は、通常の歯磨きでは落ちなくなってしまいます。 そこで、セルフケアの他にプロフェッショナルケアも必要になります。プロフェッショナルケアは、歯科医院で定期的に行うオーラルケアです。歯石の除去やPMTCと呼ばれる特別なクリーニングによって、セルフケアでは取り除けない歯垢を除去します。